ドキュメンタリーカテゴリの記事一覧

エレファント


厳密にはドキュメンタリーではないのだけれど、実際にあった事件を題材にした映画ということでここにカテゴライズしました。

アメリカのコロンバイン高校の銃撃事件を題材にした映画。各生徒の学校での生活を章立てして映像を撮っていて、いわゆる主人公というべき人物はいない。
そのような各生徒の中に加害者も自然に入っている。自然に入っているから最初はどの人物が加害者なのかわからない。おそらくこういうところからも監督は普通の生徒たちの中にこのような恐ろしい行為をしてしまう生徒がいるんだという衝撃を表したいのだと感じた。

俳優もオーディションで選ばれた普通の高校生たち。だからこそ、演技もかなり自然になっている。加害者役の高校生も普通に演じている。犯行に至るまでの鬱屈したところや、乱射している時の興奮した様子。けれど、逆に普通に演じられるというところが、この事件の怖さなんだと思う。友人があの映画はアメリカの高校が自然に描かれすぎてて怖くてみれないという話をしていたけれど、まさにそうなのだろう。

ああいう高校生の鬱屈はたぶん日本もアメリカもそんなに変わらないと思う。アメリカはこの事件もあって銃規制の議論も進んだけど、日本は本当に銃が簡単に手に入らない国でよかった。ときどき高校生くらいの犯人が通り魔殺人をするけど、刃物だから被害者が少ない。被害者の方一人一人にとって全体の人数なんて関係ないだろうけど。銃で犯罪に及んでたら、どれくらい被害者が増えてしまうことか。

話題のブログをチェックー人気ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。