好きだ、


好きだ、

宮崎あおいと永作博美って似てるんですね。

高校で同級生のユウとヨースケ。川の土手で会話も少なく、ただ一緒に時間を過ごす。二人は惹かれあう様ですれ違い、いつしか会わなくなった。それから17年後…

映像、特に草の緑と空の青がとてもきれいです。前半はユウサイドの物語が語られ、後半はヨースケサイドの物語が語られます。お互い気になりつつも、近づき方も不器用でなかなか距離をちぢめられない。今どきいないくらいの純朴なふたりです。その分前半はややまどろっこしく、後半に入ると少しテンポが上がります。
前半後半で語られない側には謎も多く、それは最後まで残ります。その部分は観る側の想像力で埋めるのでしょう。

冷静に考えると現実離れしていますが、そこは映画。しかし、17年…長い!
話題のブログをチェックー人気ブログランキング


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。